スキルアップの心理学

ELLEGARDENの「Mr.feather」を心理学的に考察。脳の最高パフォーマンスを引き出す〇〇〇とは??

ELLEGARDENの復活に湧いたのは僕だけではないはず。思えば中学生か高校生くらいだった僕は、毎週CDのレンタルショップに通い詰めてました。皮肉たっぷり曲「Mr.Feather」の歌詞を心理学的に考察していきます。ブラックジョークが与える影響について考えていきます。
恋愛の心理学

【バンドリ】ハロハピの「キミがいなくちゃっ!」から学ぶ、男女関係を超”ハッピー!”にする為の6つのポイント!

遂に来ました。私が愛してやまないリズムゲーム「ガールズバンドパーティ」のバンド、ハロー!ハッピーワールドの曲をもとに「恋愛」のテクニックを紹介いたします!楽曲名「キミがいなくちゃっ!」の”ちゃっ!”部分から察する通り、メチャクチャ元気いっぱいな曲です。タイトルとか、アニソンだからとか言って敬遠してるやつがいるとしたらマジでもったいない。聴くべき。超元気でます。では、「キミがいなくちゃっ!」から学ぶ長期的な男女関係に大切な6つのルール【心理学】をご紹介いたします!
スキルアップの心理学

MOROHAの「四文銭」を聴け。やったが勝ち、やらぬが負け。殴り合いのような音楽【心理学】

分析、なんてしてくれるな。とにかく聴け。 仮にMOROHAの2人がこの記事を読んだら、そう言われそうだなぁ、と思います。 そして僕も多くを語るつもりはありません。ただ一つだけ。いや…二つ三つ言わせて欲しいことがあります。
人間関係の心理学

ハルカトミユキ「ニュートンの林檎」から学ぶ、内向的な人間がそのままの自分でいられるための考え方とは?【発達心理学】

今回のテーマは「内向的な人間がそのままの自分でいられるための考え方とは?」です。実は内向的な人物は社会的に弱い立場に置かれがちですが、実は社会に大きな影響を与える力を秘めているということが発達心理学の研究によってわかっているのです!スーザンケインの著書「内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える」を参考にしながら話を進めていきたいと思います。
スキルアップの心理学

高橋優の「明日はきっといい日になる」を分析。「譲るといつか返ってくる」は本当か??【心理学】

先日高橋優のライブを観にいき、感動が冷めやまぬ前に…と思いながらこの記事を書いております。それはもう素晴らしい1日になりました。ところで、皆さんは人に何かを譲ることは多いですか?例えば、居酒屋でみんなでつまみにしていた刺身。だいたいサーモンかイカあたりが余りますよね。(関西では遠慮の塊と呼ぶそうです。) それをあなただったら譲りますか?
スキルアップの心理学

Mr.Childrenの「HERO」を分析。ヒーローになりたい男心のメカニズム【心理学】

今の小中学生は「Mr.Children」を知ってるのでしょうか?数多くの楽曲を世に生み出してきた、いわば私たち2、30代のヒーロー的バンドです。「HERO」は大人になっても誰かのヒーローでありたい、誰かの憧れになる、なんて大それたことは言えないけれど、困った人に手を差しのべられる人でありたい。というメッセージの込められた曲です。
人間関係の心理学

aikoの「カブトムシ」から連想。話せばわかる、は本当なのか??【心理学】

夏といえばスイカ、海、プール、冷奴、BBQ、キャンプ、そして…「虫」!虫の王様といえば?カブトムシですよね。aikoの名曲「カブトムシ」を聴きながら、「思考実験」に関する本を読んでいたら、曲名にぴったりなネタを発見したので、記事にします。
恋愛の心理学

My hair is bad「ドラマみたいだ」を分析。ドラマチックな恋愛を求めると”ヤバい”理由。

こんにちは!今日は人気沸騰中のバンドMy hair is badの「ドラマみたいだ」を考察します。今回はMy hair is badの「ドラマみたいだ」をテーマにヤバい恋愛に陥りやすい人の特徴について話をしたいと思います。
スキルアップの心理学

「泳げ!たいやきくん」から学ぶ、目先の欲に釣られず本当に必要な物だけを手に入れる方法とは?

早速の飯テロ画像、失礼いたしました。質問箱からのご希望テーマに答え、「泳げ!たいやきくん」の歌詞を心理学的に分析いたします。泳げたいやき君くんの歌詞?内容? たいやき君が喧嘩して海逃げ込む。それ以上の物語ありましたっけ…?なんて思っていましたが、結構いけました。
仕事の心理学

アジカンの「新世紀のラブソング」から新時代「令和」を予想。AI(人工知能)が人間を超える時代はもうすぐ!?

あけましておめでとうございます!新時代「令和」が本日よりスタートしましたね。だからといって特に日常に変化はなく、通貨が変わったり、書類の年号を変えなくちゃいけなかったり、結構面倒なことだらけの元号改訂だなぁ…なんて思いますが。楽曲はASIAN KUNG-FU GENERATIONの「新世紀のラブソング」です。まさに新時代にぴったりの曲となっております。中毒性が高く、普段のアジカンとは少しテイストの異なる楽曲ですので、記事も一緒に楽しんでもらえればと思います。