欅坂46の「黒い羊」を心理分析してみた。同調圧力の苦しみからの脱出。

人間関係の心理学

欅坂46「黒い羊」は闇が深いがいい曲だ

欅坂46の「黒い羊」という曲がとても好きです。


サイレントマジョリティー」や「風に吹かれても」の時にも感じた、ガツンとした衝撃が今回もありました。
スマホネイティブで情報過多な現代の学生達は、この曲を聴いてどう感じるのだろう?
それでは歌詞を見ていきます。

自分をよく見てもらいたいという気持ちが生む”ギャップ”

欅坂46「黒き羊」作詞:秋元康 作曲:ナスカ

Bメロ:
放課後の教室は苦手だ
その場にいるだけで分かり合えてるようで
話し合いにならないし
白けてしまった僕は無口になる
言いたいこと言い合って解決しよう
なんて楽天的すぎるよ

欅坂46のメジャー楽曲に多い同調圧力からの逃避というテーマ。
この曲は同調圧力に対して我慢と沈黙を強いられた少年が主人公。
この主人公を基にコミュニケーションについて心理学的に考察します。

まず、人間はコミュニケーションを取るときに必ず錯覚を起こします。


例えば「コミュ力が高い」と自己評価をしている人物がいるとすれば、その人は自分が「嫌われている」ということに気づいていない可能性が高いです。
気づいていないから不安を感じずに多くの人とコミュニケーションが取れ、周りに多くの人が集まっているようにみえるのです。


逆に自分はコミュニケーションが苦手だと感じる人の多くは、
相手に好印象を持たれているのにも関わらず、自分の立ち回りに後悔と不安を感じ、相手との関わり合いを避けようとする傾向があります。「行為ギャップ」と呼ばれるものです。
自分をいいように見せる、自分の立ち回りが上手いかどうか、という点にばかり集中してしまい、相手のことを考えられなくなってしまう。

これが発言のしずらさ、集団会話の難しさにつながることが多いです。
私にも思い当たる節があります。

人の目を気にするな!の本当の理由

サビ前:
誰かが溜め息をついた
そう それが本当の声だろう

この溜息は果たして少年に向けられたものなのでしょうか?
給食で飲み過ぎた牛乳に辟易していただけかもしれないですよね


いわゆる自意識過剰というやつです。

人の目を気にしない
=相手へよく見せようとしない

ということになります。等身大でいることが大切です。人に良く思われなくても、例え非難を受けたとしても、それは君が悪いんじゃない。そういう気持ちでいることが大切なんじゃないかと、この曲を聴いて僕は思いました。

サビ前:
NO NO NO NO
全部僕のせいだ

そうじゃない。君のせいじゃない。
負けないで、とただ願うばかりです。

8thシングル『黒い羊』 (初回仕様限定盤 TYPE-A CD+Blu-ray) [ 欅坂46 ]

価格:1,850円
(2019/5/12 11:47時点)
感想(10件)

【楽天限定特典付】欅坂46 渡邉理佐 1st写真集 「無口」 [ 渡邉 理佐 ]

価格:1,944円
(2019/5/12 11:47時点)
感想(9件)

 

★質問箱にて”記事テーマ曲を募集中★

このブログを盛り上げるために「この曲のこの部分ってどういう意味?」「心理学で分析して下さい!」などの声を募集しております。

詳細はTwitterの質問箱に気軽にコメントいただければと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました