MOROHAの「四文銭」を聴け。やったが勝ち、やらぬが負け。殴り合いのような音楽【心理学】

スキルアップの心理学

音楽は誰の明日にもなれない

分析、なんてしてくれるな。とにかく聴け。
仮にMOROHAの2人がこの記事を読んだら、そう言われそうだなぁ、と思います。
そして僕も多くを語るつもりはありません。ただ一つだけ。いや…二つ三つ言わせて欲しいことがあります。

先日、言葉によるコミュニケーションは「キャッチボール」だと書きましたが、(BUMP OF CHICKENの「話がしたいよ」の記事にて)

この二人は明らかに聴衆を「殴り」にきています。

今までお前は何をやってたんだ」「それで満足か馬鹿野郎」そう罵られているような感覚になる、いわば劇薬のような音楽。


人によっては、もう2度と聴きたくないと思うかもしれない。それほどに刺激が強い。

「音楽に答えはない。音楽は誰の明日にもなれない」

原曲のこのワンフレーズに全てが集約されている気もする。分析するまでもない。

一度聴いてくれれば全てが伝わるような気がします。

「やったもん勝ち、やらぬが負け」

一度聴いてくれればすべてが伝わる気がします。

「好きなことは仕事にするな」生徒指導でつかまされたガセネタ

…結論

百聞は一見にしかず!!

で記事をしめようと思っていたけど、やっぱり多少僕の意見も書いておこうと思います。

少しでも意味を与えたい。MOROHAが誰よりも好きだとここで主張したい。
思えば昔から、「誰よりも音楽が好き」だと本心で思っていたし、今でもそう思っています。
知識がない、技術もない自分だから周りを見てよく凹みました。現実、「好き」なだけじゃ上手くいかないなぁ…と。

何かを成し遂げた人の特権が「好き」という言葉で、そうじゃない人が口にしてはいけない気がしていました。


でも今はそうじゃないって胸を張って言える。

ギターの練習に熱中した時間や結婚式場の音響の打ち合わせ、演劇音響での裏方、音楽教室でアルバイト。そしてブログで好きなアーティストを紹介して。


あの頃の「好き」は無駄じゃなかったんだなぁ。と思っております。
そしてこれから、どういう形で自分の人生に「音楽」が関与していくのかが楽しみです。なにもかも無駄にならないように頑張りたいと思います。

いつもありがとうMOROHA

 

★質問箱にて”記事テーマ曲を募集中★

このブログを盛り上げるために「この曲のこの部分ってどういう意味?」「心理学で分析して下さい!」などの声を募集しております。

詳細はTwitterの質問箱に気軽にコメントいただければと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました