ELLEGARDENの「Mr.feather」を心理学的に考察。脳の最高パフォーマンスを引き出す〇〇〇とは??

スキルアップの心理学

人生を変えたバンドNo.1と言えば

ELLEGARDENの復活に湧いたのは僕だけではないはず。思えば中学生か高校生くらいだった僕は、毎週CDのレンタルショップに通い詰めてました。

リリース日から換算して、レンタル開始するのがいついつだから…


なんて棚の前で血眼になって目当てのCDを借り漁っていた記憶があります。
当時はONE OK ROCKにはまっていて、プッシュアーティストのコーナーにワンオクのCDがあって。その脇に置いてあったELLEGARDENのアルバムを借りたのがきっかけですね。

僕の中での第一次バンドブームが始まりました。
前置きが長くなりましたが、皮肉たっぷり曲「Mr.Feather」の歌詞を心理学的に考察していきます。ブラックジョークが与える影響について考えていきます。

ブラックジョークで脳トレ!?ジョークが上手い人は出世する??

そんな話をしていきたいと思います!

ブラックジョークの上手い人はIQが高い??

ELLEGARDEN「Mr feather」作詞作曲:細美武士


Aメロ:
Hey Mr. Feather do you think you’re really fly
ねぇ ミスターフェザー 本当に飛べるって思っているの


Mr. Clever she is fool enough to trust you
ミスタークレバー 彼女は愚かだから君を信用してくれるよ


Mr. Stupid you are not like anyone
ミスターステューピッド 君は他の誰にも似ていないね


Mr. Famous I don’t know your real name
ミスターフェイマス 僕は君の本当の名前を知らない

このように、 最後まで皮肉・批判を繰り返す歌詞になっています。

簡単に言えば

頑張れば世に出て活躍できる、なんて甘ったれてるね?ww

複数の女と同時に付き合ってるなんて賢いんだなぁ。君は猿みたいだね!

今日の服装おしゃれだね!今時誰もそんなの着てないもんね〜

そういえばタレント活動してるんだっけ?有名人じゃん。ところであなた、本名なんだっけ?

みたいなある種のブラックジョーク的な批判を延々と繰り返しているわけですね。ちなみにこのままずっと一人称視点で曲は続きます。

ここでワンポイント。実はブラックジョークは脳のトレーニングになります。
もしかしたら今この歌詞を読んでいる間にも、皆さんも結構頭を使ったかもしれませんね。

簡単に人を罵倒できる

バーカ!!!!

お前の母ちゃんでべそ!!!!!!

といった言葉は何も考えずにすっと頭にはいってきますが、ブラックジョークは一生懸命頭を使わないと理解できないのです。


実際に「ブラックジョークが好き」な人は・IQが高い・言葉を操る能力や創造性が高い・実際の攻撃性が低いと言われています。
実際の攻撃性は低い、というのが重要で、ブラックジョーク=は相手批判ではなく、ユーモアを交えた言葉遊びとして捉えるべきです。


なので意味もなく相手をディスってブラックジョークを練習すると、シンプルに嫌われるのでやめましょう

知ってるよ。僕の人生はクソつまらないってことくらい。


I’m Mr. Complain
僕はミスターコンプレイン


Yeah my life is shit
僕の人生はクソだ


Give me something that I’ll never fail
決して失敗しないものが欲しい


Give me something that I understand
僕にも理解できるものが欲しい


Give me something that I’ll never lose again
二度と失わずにいられるものが欲しいんだ

延々と人への悪口を口にしていたわけですが、そんなくだらない行為にも理由はあります。

自分がくだらないことをしていると自覚し、それでも他人への羨ましさが沸沸と浮かんでくる。だから本当は他のみんなみたいに「僕も誇れるものが欲しいんだ」と叫び続けているのです。

誰もが感じる他人への嫉妬自分へのもどかしさをこうまでも上手く表現するとは。なんて素晴らしい歌詞でしょう。(べた褒め)


(*ちなみに「アイデンティティの確立」は人間関係における最も大事なテーマになります。また別曲で解説します。)

総括:頭の中でブラックジョークを考えてみよう!

ブラックジョークを練習して、脳を鍛えよう!という話でした。

他人に披露する必要はありません。他人に対して、例えば上司や友人、家族に対して少しムッと感じた時に、ふっとブラックジョークを考えてみてくださいください。ユーモアで自分の怒りをコントロール出来ます。

ブラックジョークが美しい言葉を形成するなんて、皮肉なもんですね。
以上!


楽曲が気になる方はこちらから!一文ずつ意味を考えながら曲を聴いてみてください!

 

★質問箱にて”記事テーマ曲を募集中★

このブログを盛り上げるために「この曲のこの部分ってどういう意味?」「心理学で分析して下さい!」などの声を募集しております。

詳細はTwitterの質問箱に気軽にコメントいただければと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました